たかのさん。ってどんなひと?

ブログのトップページに記事を固定できるようになったので、

自己紹介の記事をのせておきます。

ぜひご参考にしてみてください!

 

・インスタグラム始めました。こちらは写真が主です。

https://www.instagram.com/jfc956_m_takano/

 

・生年月日:5月23日生まれ

      学生時代は中間テスト前、社会人では給料日前

      なんとも間の抜けた日ではあります。

 

・星座  :ふたご座 

      占いの本に書いてある「ふたご座」気質がまともに当たります。

 

・血液型 :A型

      こだわり2割・適当8割で生きていますので、あまりA型とは

      言われません。

 

・年齢  :45歳

      見た目は35歳・気持ちは10代・行動は5歳。。です。

 

・仕事  :ごく普通の勤め人です。

      まぁ、なんやかんやあり転職を4回していますが、

      無事に社会人22年目になりました。

 

・趣味  :旅行・お城巡り・写真撮影

      ただし、なんの脈略も計画性もありません。

      いきあたりばったりバンザイ!

      これからはポートレートも磨きたいです。

 

・好きなこと:乗り物に乗る(鉄道・バス・飛行機なんでも)

       お酒を飲む。(少し弱くなってきました。)

       しゃべる・文字にする。(つたないですが。)

       日本史を学びなおす。(中世~近世史が好きです。)

 

・性格  :好きなものはとことん好きだけど

      嫌いなものはとことん嫌い。

      興味のないものはとことん興味がありません。

      自分自身への毀誉褒貶は結構あります。

      好かれる人には好かれるけど、嫌われる人には嫌われます。

 

・特色  :中高一貫の男子校出身ですので、視点がズレていることが

      多々あるようです。。。

 

また、思い立ったら追記してみます!

上田城(日本百名城第27番)

f:id:hakonegasaki523:20190118163540j:plain

 

松代城の後は上田城に向かいます。

上田城:梯郭式平城 真田時代の2度の上田城の戦いが有名ですが、

江戸時代は、真田信之の松代転封ののち、仙石氏(仙谷忠政。漫画「センゴク」の

主人公、仙石秀久の子)が入封し、現在の上田城の城地を完成させた。

その後、1706年に仙石氏は出石に移封され、藤井松平氏流が入封し幕末まで続いて

行きました。藤井松平氏時代は、二人の老中を輩出もしています。

 

f:id:hakonegasaki523:20190118164705j:plain

f:id:hakonegasaki523:20190118164721j:plain

今回は裏側にあたる、二の丸北虎口から入ります。

 

f:id:hakonegasaki523:20190118165859j:plain

少し歩いていくと、本丸の土塁の隅欠(すみがき)が見えますが、

これは鬼門除けと考えられています。

 

f:id:hakonegasaki523:20190118170221j:plain

f:id:hakonegasaki523:20190118170239j:plain

こちらは二の丸のお堀の跡です。1972年までここには電車が走っていました。

 

f:id:hakonegasaki523:20190118170334j:plain

ここも紅葉が美しかったです。

 

f:id:hakonegasaki523:20190118170433j:plain

大手櫓門の石垣に、巨石「真田石」があります。

 

f:id:hakonegasaki523:20190118170831j:plain

f:id:hakonegasaki523:20190118171057j:plain

尼ケ淵の河岸段丘の上に本丸はあります。

昔は、ここに川が流れていたそうです。

 

f:id:hakonegasaki523:20190118171008j:plain

こうして見ると、結構な崖の上にあります。

 

f:id:hakonegasaki523:20190118171146j:plain

上田駅前には真田信繁(幸村)像がありました。

 

そのまま道すがらで小諸城へ向かいます。

 

 

松代城(日本百名城第26番)

 

f:id:hakonegasaki523:20190118131816j:plain

 

さて、11月24日に日帰りで長野県の3城を巡ってきました。

まずは松代城です。

松代城海津城とも言います。):平城・戦国時代は、海津城と呼ばれ、

信濃攻略の橋頭保ともなった場所です。有名な川中島の戦いの主戦場となった

場所は、ここから北に3kmくらい行ったところです。

1622年真田信之(信繁=幸村の兄)が入封し、明治維新まで松代藩の城地

として明治維新を迎えました。

 

f:id:hakonegasaki523:20190118142523j:plain

f:id:hakonegasaki523:20190118142547j:plain

お堀や石垣です。全体的に小ぶりなお城です。

 

f:id:hakonegasaki523:20190118142631j:plain

近所の真田邸にて。瓦の紋はもちろん六文(六道)銭

 

f:id:hakonegasaki523:20190118144211j:plain

f:id:hakonegasaki523:20190118144232j:plain

 

f:id:hakonegasaki523:20190118144254j:plain

ちょうど紅葉の最終盤でした。

 

f:id:hakonegasaki523:20190118144331j:plain

f:id:hakonegasaki523:20190118144347j:plain

長野電鉄屋代線廃線)の旧松代駅があります。

使われなくなった転轍機が少しかなしさを感じます。

 

続いては、上田城へと進んでいきます。





 

 

 

今年の目標。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます🎍🌅🎍

 

今年の目標は…。

 

「現状維持」

 

………。

 

なんだかなぁ。

と思われるかもしれませんが…。

 

現状維持するのも努力が必要な年齢に

なってきたのですよ…。

 

 

カメラ買い換えました。

6月にEOS6DMark2でフルサイズ一眼デビューしましたが…。

オールドレンズで撮影をしていると…。

2.5mから無限遠でミラー干渉が発生することが…。

うーん。どうしようかな。。。

 そうこう考えているうちに…。

 

マップカメラで、中古下取り12%アップキャンペーン!

ビックカメラで、ポイント3%アップキャンペーン!

Paypayで20%ポイントバックキャンペーン!!

 

うーむ。買い換えちゃえ!

というわけで、フルサイズミラーレスのEOSRに買い換えました。

 

f:id:hakonegasaki523:20181226141451j:plain

じゃん!(携帯で撮ったから何かおかしい。)

 

f:id:hakonegasaki523:20181226141541j:plain

レンズは

「RF24-105mm F4 L IS USM」

このカメラではいわゆる標準レンズにしました。(Lレンズなのに…。)

 

マウントアダプタも買いましたので、今までのEFレンズも使えます。

12月からはこれで色々と撮影するぞ!

 

五稜郭(日本百名城第2番)

さて、東北・函館旅行最終日

五稜郭へ向かいます。日本百名城としての五稜郭は初めてです。

(それ以前には何回か来たことがあります。)

 

五稜郭…陵堡式城郭。いわゆる、お城としては最後の建築となります。

f:id:hakonegasaki523:20181225145007j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181225145152j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181225150328j:plain

立体模型や図面で形をしっかり把握しておきましょう。

(中にはいるとわかりにくくなるから。)

 

f:id:hakonegasaki523:20181225150437j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181225150457j:plain

石垣は城郭建築最晩年のものともあってしっかりと組まれています。

 

f:id:hakonegasaki523:20181225150547j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181225151836j:plain

内堀もしっかりと残っています。

 

f:id:hakonegasaki523:20181225154152j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181225154232j:plain

外堀を見ると、虹がかかっていました。

 

f:id:hakonegasaki523:20181225154531j:plain

内部には箱館奉行所が復元されています。

 

f:id:hakonegasaki523:20181225154644j:plain

定番の五稜郭タワーから見てみます。

f:id:hakonegasaki523:20181225154833j:plain

レンズの広角のギリギリ一杯…。

f:id:hakonegasaki523:20181225154920j:plain

半月堡(下の馬出部分)をアップで

 

f:id:hakonegasaki523:20181225155226j:plain

タワーからも薄く虹が出ていました。

 

おまけ。

前日の夜の函館山の夜景を。

 

f:id:hakonegasaki523:20181225155418j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181225155436j:plain

海峡や湾の様子がよくわかりました。

 

f:id:hakonegasaki523:20181225155511j:plain

五稜郭タワーも見えました。

 

これで、10月の東北函館ツアーは終了です。

 

まだまだ、行ってきたネタが残っていますので、

整理しながら書いていきたいと思います。

志苔館(続日本100名城第101番)

すっかり、ブログをさぼっていました。。

しかも、10月の旅行記の途中でした。

では、続きです。10月28日に弘前から浪岡を経由して、函館に入りました。

までは、前回のくだり。

 

函館では、まず最初に続日本100名城に指定されている志苔館(しのりたて)へ

向かいます。

 

志苔館… 山城 アイヌとの境界に置かれた倭人の中世城郭(要塞)と言えます。

函館駅からバスで30分くらいのところにあります。

 

f:id:hakonegasaki523:20181225135454j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181225135514j:plain

 

f:id:hakonegasaki523:20181225135534j:plain

入り口にこのような看板が。

管理事務所などはなく、無人です。

 

f:id:hakonegasaki523:20181225135617j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181225135641j:plain

比較的高い土塁がわかります。

 

f:id:hakonegasaki523:20181225135718j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181225135737j:plain

土塁と土塁の間には空堀があります。

函館湾もよく見えました。

 

f:id:hakonegasaki523:20181225135822j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181225135838j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181225135855j:plain

土塁の上には建物跡と、井戸の跡がありました。

 

f:id:hakonegasaki523:20181225135934j:plain

スタンプはこんな感じです。

敷地内のあずまやにありますが、なんせ無人でしたので…。

 

翌日の最終日は、五稜郭へと向かいます。

 

浪岡城(続日本100名城第103番)

f:id:hakonegasaki523:20181207153525j:plain

10月28日に弘前から浪岡へ向かいました。

奥羽本線で30分くらい。弘前と青森のちょうど中間くらいの位置にあります。

 

浪岡城(浪岡御所) 

平城 築城時期は15世紀中ごろと推定される。(応仁期ごろか?)

南朝方の有力武将であった北畠氏の支族、浪岡北畠氏が築き、

1578年に大浦(津軽)為信に滅ぼされるまで北畠氏の居城でした。

典型的な中世城郭(居館)様式を残しています。

 

f:id:hakonegasaki523:20181207161113j:plain

案内図(縄張りはこちら)

 

f:id:hakonegasaki523:20181207161420j:plain

北館は家臣団の居所があったエリアです。

f:id:hakonegasaki523:20181207161539j:plain

中央に井戸があり、周辺を屋敷・長屋が囲っています。

 

f:id:hakonegasaki523:20181207161638j:plain

各館の間には内堀があり、館の土塁間を隔てています。

 

f:id:hakonegasaki523:20181207161741j:plain

 

f:id:hakonegasaki523:20181207170638j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181207170710j:plain

内館は城主の居館があった場所と言われています。

 

f:id:hakonegasaki523:20181207170836j:plain

内館を隔てる堀は他よりも深めです。

 

f:id:hakonegasaki523:20181207170912j:plain

外から内館を見るとこんもりしているのがわかります。

 

f:id:hakonegasaki523:20181207171027j:plain

内館の中にある記念碑

「北畠古城跡碑」と書いてあります。

 

f:id:hakonegasaki523:20181207171120j:plain

館の外側に流れる浪岡川が外堀の役目を果たしていました。

 

f:id:hakonegasaki523:20181207171258j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181207171315j:plain

ちょうど紅葉が始まりかかったころ合いでした。

 

f:id:hakonegasaki523:20181207171346j:plain

浪岡駅の中にある「あぴねす」で無料自転車が借りられます。

(4月から10月まで)

とても親切にしていただきました。

津軽の方々は、気さくで親切な方が多かった印象です。

 

f:id:hakonegasaki523:20181207171453j:plain

スタンプはこちらです。

この後、青森を経由して、函館へ向かいます。

 

弘前城(日本百名城第4番・現存天守・重要文化財)

f:id:hakonegasaki523:20181203155357j:plain

 

お久しぶりの更新ですが、10月の東北旅行の続きです。

秋田から弘前に行きました。ちょうど日が傾きかけた頃でしたので、

ちょうどいい時間帯だったかもしれません。

 

弘前城:梯郭式平山城 現存天守(創建時は御三階櫓と称した)

江戸時代を通じて、津軽弘前藩10万石の支配でした。

現存十二天守の1つとして名高い天守ですが、1811年に再建されたものです。

(とはいえ、200年以上経っています。)

 

f:id:hakonegasaki523:20181203161531j:plain

10月27日に行きましたが、ちょうど紅葉しかかっている感じでした。

こちらは外堀です。

 

f:id:hakonegasaki523:20181203161625j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181203161643j:plain

三の丸東門から中へ。門、堀割、石垣、櫓などほぼ江戸時代の姿を残しています。

 

f:id:hakonegasaki523:20181203162908j:plain

 

f:id:hakonegasaki523:20181203162836j:plain

こちらも重要文化財の二の丸南門

 

f:id:hakonegasaki523:20181203163018j:plain

石垣が苔むしていいあんばいです。

 

f:id:hakonegasaki523:20181203163056j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181203155357j:plain

 

天守は三層三階のそれ相応な大きさではありますが、重厚感がある気がします。

雪の重みに耐えるためでしょうか?

 

f:id:hakonegasaki523:20181203163211j:plain

瓦の家紋は津軽牡丹。

わかりにくいので、こちら。

f:id:hakonegasaki523:20181203165312j:plain

摂家筆頭の近衛家(近衛牡丹)をモチーフにした牡丹紋です。

 

f:id:hakonegasaki523:20181203165600j:plain

晴れていれば、岩木山が見えるはずでした…。

 

f:id:hakonegasaki523:20181203165635j:plain

 

f:id:hakonegasaki523:20181203165653j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181203165713j:plain

 

f:id:hakonegasaki523:20181203165911j:plain

木によって紅葉のあんばいもちょっとずつ違いました。

 

この後は弘前に1泊して、浪岡城(青森県)を目指します。

 

東北鉄道あれこれ

今回、鉄道での移動が多かったので、道すがらの鉄道あれこれを載せておきたいと

思います。

 

f:id:hakonegasaki523:20181116160915j:plain

秋田発弘前行の奥羽本線普通列車です。

おおよそ3時間弱かかります。

 

f:id:hakonegasaki523:20181116161012j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181116161028j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181116161047j:plain

秋田新幹線男鹿線

なまはげをモチーフとした青と赤が特徴的。

 

f:id:hakonegasaki523:20181116161328j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181116161341j:plain

大舘駅の花輪線キハ112系100番台

寒冷地仕様になっています。

秋田犬。。。

 

f:id:hakonegasaki523:20181116161432j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181116161453j:plain

弘前駅五能線キハ40系このタイプが好きかも。

 

おまけで弘前駅の「列車非常停止……。」旗???

久保田城(日本百名城第9番)

そんなこんなで、10月27日から29日にかけて、雪に閉ざされる前の東北城巡りツアーに

行ってこよう。と思い立ち。。。

今回は日本海側から、函館五稜郭まで5城を制覇する旅になりました。

まず最初は、久保田城(秋田市)です。

秋田県には行ったことありますが、秋田市は初めて降り立ちました。

f:id:hakonegasaki523:20181116144147j:plain

天守代わりの御隅櫓

 

ちなみにですが、秋田城は奈良時代大和朝廷の最前線基地かつ出羽国府が

置かれていたところで、久保田城とは明確に異なります。

 

久保田城:平山城 関ヶ原合戦の後、常陸から移封された佐竹氏が明治維新まで

統治していました。

 

f:id:hakonegasaki523:20181116144946j:plain

少し紅葉が始まってきた雰囲気。

 

f:id:hakonegasaki523:20181116145043j:plain

久保田城は「石垣のない城」としても知られています。

一番外側の堤は、石垣の上に土塁を盛る東国(関東)的な築城法をとられています。

f:id:hakonegasaki523:20181116145732j:plain

本丸表門

 

f:id:hakonegasaki523:20181116145705j:plain

色づき始めたもみじとともに。

 

f:id:hakonegasaki523:20181116145838j:plain

門の装飾に佐竹氏の家紋「佐竹扇(五本骨扇に月丸)」がありました。

この家紋は、源頼朝奥州合戦に従軍した際に、頼朝の旗印と同じ白旗を掲げて

いたところ(同じ源氏ではあるので)「紛らわしい。」との理由で、旗の上につけた

扇をモチーフにしているそうです。

 

f:id:hakonegasaki523:20181116151556j:plain

本丸の中にあった佐竹史料館で展示品の甲冑を。

 

f:id:hakonegasaki523:20181116151635j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181116151648j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181116151707j:plain

帰りは反対側から外堀を。

ハスの撤去作業をしていましたが、寒そうです。

 

f:id:hakonegasaki523:20181116151758j:plain

スタンプはこちら。

 

この後、奥羽本線弘前まで行きます。

 

川越城(日本百名城第19番)

f:id:hakonegasaki523:20181108160943j:plain

川越城平山城。築城は太田道真、道灌親子

室町・戦国期には関東の交通の要衝であるが故に、古河公方関東管領、北条氏などの

激戦地となり、江戸期以降は、その距離的な近さから、老中の城とよばれ、

譜代重鎮が、江戸後期には親藩である越前松平家が入りました。

有名どころでは、松平信綱(知恵伊豆)、柳沢吉保などが川越藩主でした。

 

とはいえ、江戸期の建物・堀などはほとんど残っていません。

 

f:id:hakonegasaki523:20181108164137j:plain

江戸期の縄張りはこんな感じだったそうです(川越市役所にあります)

f:id:hakonegasaki523:20181108164227j:plain

川越市役所にある太田道灌像。

 

f:id:hakonegasaki523:20181108164407j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181108164423j:plain

本丸御殿が現存しています。(玄関と家老詰所)

本丸御殿が現存する城跡は、高知城川越城だけだそうです。

 

瓦は、三つ葉葵紋(越前松平家時代のもの)

f:id:hakonegasaki523:20181108165032j:plain

 

家老詰所ではこんな感じで職務に励んでいたのでしょうか?

f:id:hakonegasaki523:20181108165111j:plain

 

その他の遺構らしい遺構といえば…。

f:id:hakonegasaki523:20181108165206j:plain

中ノ門堀跡

 

f:id:hakonegasaki523:20181108165256j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181108165315j:plain

富士見櫓跡

でしょうか。

 

f:id:hakonegasaki523:20181108172321j:plain

通りゃんせ発祥の地と言われている三芳野神社も当時の郭内にあります。

 

f:id:hakonegasaki523:20181108172500j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181108172518j:plain

蔵造りの街並みと時の鐘もあわせて。

 

f:id:hakonegasaki523:20181108172556j:plain

川越城の百名城スタンプはこちらです。

 

 

 

 

 

キッチョウソウ

庭で何年かぶりにキッチョウソウ(吉兆草・吉祥草)が咲きました。

 

f:id:hakonegasaki523:20181105151530j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181105151548j:plain

 

この花を見ると、「良いことがある」とか、「慶びごとが舞い降りる」など

と言われています。

 

皆様にも慶びごとが舞い降りますように。。

 

コメントを頂きましたので(2)

コメントを頂きましたので✨

(ここからは完全な私信です。)

 

お久しぶりでしたね✨

コメント頂けて喜んでいます。

 

お元気そうで何よりでした。

私はあまり変わりなく過ごしています。

ま、この年齢ですから、そんなに変化があっても困りますが…。

変わったことと言えば、カメラを本格的に始めたことでしょうか。

そちらで、フォトジェニックな場所などがあれば、ぜひ色々教えてください✨

 

学校に行かれていたのですね。

色々な学びの機会があったことでしょう。

これから少し落ち着いてくるのでしょうか?

このブログでは旅行記みたいで大したことは

書いていませんが、またコメントを頂けると嬉しいです。

 

小田原城(日本百名城 第23番)

f:id:hakonegasaki523:20181102112153j:plain

 

久しぶりの百名城シリーズです。

この間にちょこちょこあちこち行っていて、ネタが少し溜まって来たので、

なるべく頑張って書いていきます。(記録の意味合いもありますけどね。)

実際には、9月18日に行ってきました。少し残暑が残っていたかな?

 

小田原城 平山城 後北条氏の頃の小田原城は、現在の小田原市街地を全て

包含するほどの惣構を誇りましたが、江戸時代に規模が縮小され、

大久保氏(途中改易)→稲葉氏→大久保氏(復帰)と変遷し、小田原藩11万3千石

となりました。また、箱根に通ずる東海道の重要な地として、後世大久保氏からは

老中を多数輩出しています。

 

行きは新宿からロマンスカーで。最新型のようです。

f:id:hakonegasaki523:20181102101813j:plain

小田原までノンストップで70分でした。

 

f:id:hakonegasaki523:20181102113252j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181102113332j:plain

小田原駅から徒歩10分くらいで見えてきます。(道に迷いました。)

隅櫓と馬出門です。その奥側が馬屋曲輪になります。

 

 

f:id:hakonegasaki523:20181102113715j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181102113746j:plain

そこを抜けると、銅(あかがね)門が見えてきます。

その名の通り、銅張りがされている門です。

 

f:id:hakonegasaki523:20181102114742j:plain

本丸に続く常盤木門。重厚な造りになっています。

現在は内部が別の史料館として開放されています。

 

f:id:hakonegasaki523:20181102114915j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181102114929j:plain

本丸とその石垣です。しっかりとしたハギで構成されています。

 

f:id:hakonegasaki523:20181102115043j:plain

天守閣から。伊豆半島が間近に見られます。

 

f:id:hakonegasaki523:20181102115131j:plain

天守閣の瓦は、三つ葉葵紋だったそうですが、なぜだろう。。。

答えは、天守閣(本丸)は、将軍上洛等の時の宿泊所としての機能が主で、

小田原藩主は二の丸御殿を生活の場としていたようです。

 

f:id:hakonegasaki523:20181102115333j:plain

戦国期の城主北条氏の北条鱗と江戸期の城主大久保氏の大久保藤紋。

 

f:id:hakonegasaki523:20181102115447j:plain

こちらは二の丸。広々としています。

 

f:id:hakonegasaki523:20181102115522j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181102115534j:plain

f:id:hakonegasaki523:20181102115549j:plain

小田原駅に向かって帰るときに少し足を伸ばすと、北条氏政・氏照兄弟のお墓が

あります。

この場所で、小田原攻めで降伏した際に切腹したと伝えられています。

 

お時間があればぜひ。

 

 

 

 

嫌いな言葉

半月ぶりくらいの投稿になっちゃいました。

でもって、こんなシニカルな内容ですが、どうかご容赦ください。

自分が感じたままのことですので…。

 

今日は、最近よく耳にするけど、違和感が強かったり、もっと言えば嫌いな

言葉です。代表的なものを2つほど。

 

(1)「神〇〇」というもの

    神対応とかいいますけど…。

    それってなんですか??

    神様に対応してもらったことあるんだろうか?

    人間の対応だから、「優しい」とか「素敵な」とか形容詞で

    いいんじゃないのかなぁ。

 

(2)「絆」(きずな)

    厳密にいうと、絆と言う言葉は好きです。

    でも、なんだか安売りされている気がします。

    そんなに簡単に絆という言葉がつかえるシチュエーションって

    ない気がするのですよねぇ。

    特に商業的には皆無のはず。です。

 

(3)「エモる」

    意味が分からん。というか、なんでも略せばいいってものもないでしょ。

    感動的な場面に遭遇したら、自分の言葉で表現することを考えないと、

    脳みそ退化しますよ。

 

 

今日はこんなところかな。